帯広農の4番・前田 大学野球につながる…うれしスクイズ

[ 2020年8月17日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   帯広農4―1高崎健康福祉大高崎 ( 2020年8月16日    甲子園 )

<高崎健康福祉大高崎・帯広農>3回1死三塁、帯広農・前田はスクイズを決める(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 帯広農で現時点で卒業後の野球継続を考えているのは、水上のほか、4番の前田愛都(まなと、3年)。こちらは「大学で続けたい。強い学校ではないけれど、最初からそう考えていた」と語った。

 甲子園で安打は残せなかったが「しっかり振れた。悔いはない」。3回1死三塁では、低めの球にうまく当ててスクイズに成功し、前田監督は「バットが届け!と思った。届いて良かった」と、うれしそうに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース