大阪桐蔭 東海大相模に競り勝つ!薮井主将、8回に値千金の勝ち越し2点打

[ 2020年8月17日 11:55 ]

2020年甲子園交流試合最終日第1試合   大阪桐蔭4―2東海大相模 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<高校野球交流試合 大阪桐蔭・東海大相模>8回1死二、三塁、大阪桐蔭・薮井は左前に勝ち越し2点適時打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」最終日は17日、甲子園球場で行われた。強豪同士が激突した第1試合は、大阪桐蔭(大阪)に終盤の逆転劇を見せ4―2で東海大相模(神奈川)に競り勝った。

 大阪桐蔭は初回2死一、三塁から吉安遼哉(3年)の右前適時打で先制。1点を追った7回1死満塁からは加藤巧也(3年)の左犠飛で同点に追いつき、8回1死二、三塁から途中出場の薮井駿之裕主将(3年)が9球粘った末に左前適時打して2点を勝ち越した。投げては、エース左腕・藤江星河(3年)、左腕・松浦慶斗(2年)のリレーで、強力打線の東海大相模を2得点に抑えた。

 東海大相模は1点を追う7回1死二、三塁から神里陸(3年)の右前2点適時打で逆転したが、終盤に試合をひっくり返された。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース