健大高崎エース左腕・下 不完全燃焼4回3失点「粘り切れなかった」

[ 2020年8月17日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   高崎健康福祉大高崎1-4帯広農 ( 2020年8月16日    甲子園 )

<高崎健康福祉大高崎・帯広農>4回3失点で降板した健大高崎先発の下(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 高崎健康福祉大高崎のエース・下(しも)慎之介(3年)は、自身初となる聖地のマウンドで、4回3失点と不完全燃焼に終わった。既にプロ志望届を提出済みの左腕は、2回に3安打を浴びるなど本来の投球ではなく「高めに浮いたところをうまく持っていかれてしまった。大事な場面で粘り切れなかった」と肩を落とした。

 5回以降は、2回をパーフェクトに抑えた朝井優太(3年)ら4投手の継投で1失点と粘ったが、序盤の失点が重かった。送りバントはゼロ、盗塁は1と持ち前の機動力も発揮できず。青柳博文監督は「何もさせてもらえなかったという印象。早打ちが多かった。(チームの)力はありましたが、最後伸ばしきれなかった」と悔やんだ。(柳内 遼平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース