桐生第一・蓼原 中森の投球に感嘆「これが本当にプロ並みの選手」

[ 2020年8月17日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   桐生第一2-3明石商 ( 2020年8月16日    甲子園 )

<明石商・桐生第一>7回から登板した桐生第一・蓼原(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 世代屈指の右腕・明石商の中森を追い詰めた。桐生第一は、あと1点及ばず。3番で主将の広瀬智也(3年)は「みんなでつないだが悔しい」と肩を落とした。3回に150キロを投げ込まれた1番の飯塚一樹(3年)は「今まで見たことがないボール。スライダーも下に消えた」と驚きを表現。9回に適時打を放った川端琉真(3年)は「思い切り叩く意識でいったら抜けてくれた」と振り返り、今泉壮介監督は「よく粘った」とナインを称えた。

 プロ志望届を提出済みの最速145キロ右腕・蓼原(たではら)慎仁(3年)は、2番手で2回を1失点。この日の最速は141キロ止まりだった。「自分の失点のせいで負けにつながった」と悔やみ、間近で見た中森の投球には「これが本当にプロ並みの選手だと思った」と感嘆した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース