西武・西川 プロ2打席目で“うれし恥ずかし”初安打! 左中間へ2点2塁打「拍手に鳥肌立ちました」

[ 2020年8月17日 05:30 ]

パ・リーグ   西武11―1楽天 ( 2020年8月16日    メットライフ )

<西・楽>8回1死一、二塁、左中間に適時二塁打を放つ西川(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 高卒3年目の西武・西川が、うれし恥ずかしのメモリアルな一打でスタンドを沸かせた。

 「初打席よりは体が動いている感じがしました。打った瞬間に抜けると思ったのでうれしかったです」

 この日が1軍初昇格。2軍の午前練習を終え、寮の自室に戻ったタイミングで知らされた。7回のプロ初打席は左飛に倒れ、8回1死一、二塁で迎えた2打席目。楽天のドラフト3位、津留崎の初球、高め145キロの直球を打ち返すと、打球は左中間を割る2点二塁打となった。西川は外野から本塁への送球間に三塁を狙ったが、タッチアウトに。そのまま三塁手の鈴木大からプロ初安打の記念球を渡され、苦笑いでベンチに凱旋した。それでも守備に就く際のレオ党からの祝福に「拍手には全身に鳥肌が立ちました」と震えた。

 花咲徳栄では2年時に大胸筋断裂の大ケガを負いながら3年夏に全国制覇。決勝の広陵戦では3安打4打点の活躍で埼玉県勢に初優勝をもたらした。小顔に彫りの深い顔立ちのイケメン。指名あいさつの際には、渡辺久信シニアディレクター(現GM)から「ダルビッシュに似ている。モテる要素満載だね。オーラ、雰囲気を持っている」と太鼓判を押された。

 プロ入り後はリハビリに専念したが、3年目の今季は、打率・286、1本塁打、12打点と結果を残し、緊急昇格に応えた。スター候補生が5位に低迷する獅子の力となる。 (花里 雄太)

 ◆西川 愛也(にしかわ・まなや)1999年(平11)6月10日生まれ、大阪府堺市出身の21歳。金岡小2年で「長曽根ストロングス」で野球を始め、6年時にエースとして全国優勝。花咲徳栄では1年秋からベンチ入りし、2年春夏、3年夏に甲子園出場。3年夏は広陵(広島)との決勝で3安打4打点など、埼玉県勢初優勝に貢献した。17年ドラフト2位で西武入団。1メートル80、78キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース