智弁和歌山・中谷監督「悔しいです」 17人が試合出場も完敗「勝ち取るというのが叶わなかった」

[ 2020年8月17日 16:04 ]

2020年甲子園交流試合   智弁和歌山1―8尽誠学園 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<尽誠学園・智弁和歌山>敗戦に終わり厳しい表情の智弁和歌山・中谷監督(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」最終日は17日、甲子園球場で行われた。第2試合は、智弁和歌山(和歌山)が1―8で尽誠学園(香川)に敗れた。

 智弁和歌山は、初回に5番・川上(3年)の中前適時打で先制。しかし、直後の守りで同点とされ、2回に一挙5点を失って勝ち越しを許した。打線は2回以降、無得点に終わり、投げては4投手でつないだが、相手の勢いを止めることはできなかった。

 試合後、中谷仁監督は「勝ちにこだわって準備をしてきたので悔しいです」とコメント。

 この日、試合には17人の選手たちが出場した。「とにかく“3年生が甲子園でプレーするチャンスを”っていう意味で、いろんな方々にご尽力していただいた交流戦だと思います。その意図に沿いながら登録している3年生全員が出られるように頭の中でイメージしていました」と説明。「その中で勝利を全員で勝ち取るというのが叶わなかった」と、あらためて悔しさを語った。

 最後は「とにかく、3年生には『お疲れさま』と(声をかけたい)」と、話した指揮官。1、2年生には「今後、先輩たちが果たせなかった夢をつないでいってもらえたら」と次を見据えた。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース