日本航空石川・渡辺、来春から学生コーチ 後輩に「還元」する自身の経験

[ 2020年8月17日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   日本航空石川3-5鶴岡東 ( 2020年8月16日    甲子園 )

<日本航空石川・鶴岡東>鶴岡東に敗れベンチ前に並ぶ日本航空石川ナイン(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 日本航空石川の渡辺直斗内野手(3年)は16日の鶴岡東戦(3―5敗戦)を最後に選手生活に区切りをつけた。卒業後は日本航空大に進み学生コーチとして母校に戻る予定で、熱い思いを後輩に伝えていく。

 2つ上の兄・拓也さん(20)の影響で野球を始めた。東京の親元を離れ日本航空石川へ進学。1メートル64、65キロで今大会ベンチ入りした20人の中では最も小柄な選手。入学当初は県外から集まる同期との体格差に「ついていけないなと思った」と振り返るが、努力を積み重ねてきた。毎日2時間の自主練習はもちろん、自分の打撃フォームを動画撮影し自己分析を重ねた。さまざまな種類の打ち方を試し、投手に合わせたバットの出し方などを研究。昨秋に初めてメンバー入りすると公式戦6試合で12打数7安打の打率・583、5打点の数字を残した。

 コロナ禍で実家に戻っていた時に夏の甲子園大会中止が決定。「気持ちが沈んだまま寮に帰ってきて、気持ちの切り替えが大変でした」というが、今まで同様の努力で苦難を乗り越えてきた。

 この日は8回から三塁守備に就いたが守備機会はなく9回は代打を送られた。「負けてしまったけど、大きい舞台で戦わせてもらってすごくうれしい」。初めてプレーした聖地に「緊張感だったり、ピリピリした雰囲気が他の球場とは全く違った」と感激した。

 来春から立場は変わるが、甲子園を目指す気持ちに変わりはない。「悔しい気持ちを糧にした結果、メンバーをつかみ取れた。その経験を生かして最後まで諦めない気持ちを伝えたい」。多くのこと学んだ3年間を「還元」しながら、自身もさらに成長していく。

 ◆渡辺 直斗(わたなべ・なおと)2002年(平14)11月23日生まれ、東京都出身の17歳。小1から「鐘ケ淵イーグルス」で野球を始め一貫して内野手。日本航空石川では2年秋からベンチ入り。1メートル64、65キロ。右投げ両打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース