阪神・岩貞、連投問題なし“最終回”締めた3人斬り!指揮官称賛「大きなプラス」

[ 2020年8月17日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-2広島 ( 2020年8月16日    京セラD )

<神・広(11)>延長10回、5番手で登板した岩貞(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神の延長10回のマウンドは、馬場でも、能見でもなく、救援へ回ったばかりの岩貞が守った。2―2の10回に登板し、危なげなく3人で料理。この時点で敗戦の可能性を消した。

 「任されたポジションで全力を尽くすことに専念できました。緊迫した場面でしたが、しっかり3人で抑えられて良かったです」

 2安打していた先頭の西川を2球で追い込み、5球目の外角直球で三ゴロに仕留め、途中出場の磯村は143キロ速球で空振り三振。同じく途中出場の野間にはカウント2―2からワンバウンドになるスライダーを空振りさせ、軽快に抑えた。

 レギュラーシーズンでは初めて救援登板した15日からの連投だった。前夜は10―2の9回を1安打2奪三振で無失点。2日連続で“最終回”を締めた。連投は昨秋CSファイナルステージの第1、2戦で一度経験しただけ。慣れない役割でも堂々と結果を残し、矢野監督から称えられた。

 「(延長戦で)気持ち悪い登板になったと思うけど、内容もしっかりしたピッチングをしてくれた。これからのチームにとって大きなプラスだと思う」。岩貞の存在が試合終盤の戦略の幅を、広げようとしている。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース