大会最終日に初の申告敬遠 山梨学院・吉田監督「勝負を避けた」

[ 2020年8月17日 23:24 ]

2020年甲子園高校野球交流試合 最終日   山梨学院8―3白樺学園 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<高校野球交流試合 白樺学園・山梨学院>初回2死二塁、永井球審(中央)に申告敬遠をコールされる白樺学園・片山(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 山梨学院は初回、2死二塁から白樺学園の4番・片山楽生投手(3年)に対し、申告敬遠を選択した。

 申告敬遠は今年から導入され、適用は今大会初。吉田洸二監督は「(先発の川口は)左打者に練習試合で痛打されていたので、勝負を避けた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース