慶大 痛恨V逸で2位…瀬戸西主将ガックリ「相手の集中力にやられた」

[ 2020年8月17日 05:30 ]

東京六大学野球   慶大4-7法大 ( 2020年8月16日    神宮 )

<法大・慶大>法大に敗れ優勝を逃した慶大ナインはガックリ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 慶大は勝てば2季連続V、負ければV逸という大一番で痛恨の逆転負け。3点リードも4回、法大の猛攻に5点を失った。4勝1敗で2位が確定。瀬戸西主将は「5連勝は意識せず、普段の1試合と臨んだけど…。相手の集中力にやられた」とうなだれた。

 最速155キロ右腕・木沢は前日の早慶戦で3イニング投げたため、この日も救援待機。勝っている場面で投入できなかった。今春から母校を指揮する堀井哲也監督は「負けたのは私の責任」と切りだすと「一番悔しいのは選手。紙一重の六大学で1カ月後の秋(秋季リーグ)で抜け出すために何かを感じてほしい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース