巨人・原監督 二進許した石川の送球判断に苦言「焼きゴテつけてやっとけ」

[ 2020年8月17日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―4中日 ( 2020年8月16日    東京D )

<巨・中>5回無死一塁、右前安打を処理した石川(右奥)は直接三塁へ送球。打者走者の阿部(左から2人目)の二塁進塁を許す(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 【追球ズーム ここにFOCUS】「焼きゴテ」という表現まで用い、巨人・原監督が苦言を呈した。1―1の5回無死一塁の守備。「“焼きゴテつけてやっとけ”というふうに言った。(石川)慎吾には。外野手の基本中の基本」。右翼手の石川に向けられた言葉だった。

 問題の場面。阿部が右前に放った打球を処理した石川は、三塁へ大遠投した。高い軌道のノーバウンド送球。一塁走者・高橋を三塁でアウトにする意図だが、間に合わずセーフになる。送球間に打者走者の阿部の二進も許し、無死二、三塁と傷口を広げた。この後の2連打で、一気に3点を奪われた。

 指揮官は説明する。「自分が1人で“いける”と思ったとしてもカットだ、と。カットマンにボール」。中継プレーで、阻止できる進塁は阻止する。山なりではなく、低くて強い送球なら、阿部は二塁を狙うことはできなかった。「焼きゴテ」とは高温にして焼き印を押す金具。「しっかり記憶しておくように」との意味が込められている。

 石川は右膝違和感で離脱したパーラに代わり、「2番・右翼」で約1カ月ぶりの先発出場だった。打線は大野雄に封じ込まれただけに、送球の判断ミス後の3点は重かった。中日投手に2試合連続完投を許すのは12年ぶりで、指揮官は「(大野雄に対し)正しい指示を出していたのか、コーチに問いたい。やられたらやり返す」と話した。 (神田 佑)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース