日本航空石川・嘉手苅、大器の片りん145キロ!5回4失点、悔しすぎた夢舞台…雪辱はプロで

[ 2020年8月17日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   日本航空石川3-5鶴岡東 ( 2020年8月16日    甲子園 )

<日本航空石川・鶴岡東>日本航空石川先発の嘉手苅(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 74球では、破格のスケールを表現しきれない。日本航空石川のドラフト候補右腕、嘉手苅(かてかる)浩太(3年)は5回で聖地のマウンドを降りた。「もっと投げたかった。完投? できれば良かったけど」。2失策が絡み4失点ながら自責点1。バックを責めず、自身の投球を悔いた。 試合結果

 「大事な場面で球種を張られ、ことごとく打たれた。自分の力不足です」

 1メートル91、106キロの威圧感でも、すべての打者を圧倒はできない。初回1死一塁から左中間二塁打を浴びて許した先制点。2点を献上した3回は、先頭打者に四球を与え、リズムを失った。「ダラダラした投球になってしまった。(自己採点は)50点にもいかない」。MAXは自己最速に3キロ及ばない145キロ。夢の舞台は厳しい現実を突きつけた。

 誰よりも勝利にこだわった「特別な夏」。2点を追う9回2死一塁から、打席に向かう主将の井口太陽(3年)に声を掛けた。「チームバッティングだぞ」。小1の時に「広畑コンドルズ」で一緒に野球を始めた旧友。嘉手苅が日本航空石川に誘い、2カ月の絶交期間などを経て、かけがえのない友人になった。

 高校野球を終え、大型右腕の視線は上を向く。「プロ志望届を出します。ボールを張られても、打たれない球を投げられるようになりたい。150キロが目標です」。届かなかった白星、あと2キロの夢は、カクテル光線の下でかなえる。(堀田 和昭)

 ◆嘉手苅 浩太(かてかる・こうた)2002年(平14)12月26日生まれ、兵庫県姫路市出身の17歳。小1から「広畑コンドルズ」で野球を始め投手兼捕手。広畑中では「姫路アイアンズ」に所属し投手兼一塁手。日本航空石川では1年春の北信越大会から背番号18でベンチ入りし2年秋から主戦。1メートル91、106キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース