【一瞬の夏】日本航空石川・菊池直哉主務、聖地で万感ノック…花道飾った

[ 2020年8月17日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   日本航空石川3-5鶴岡東 ( 2020年8月16日    甲子園 )

<日本航空石川・鶴岡東>試合前ノックを行う日本航空石川の主務・菊池直哉(左)=撮影・坂田高浩
Photo By スポニチ

 万感の思いを込めて打った。試合前のシートノック。日本航空石川で主務を務める菊池直哉(3年)は白球を丁寧に内外野に打ち分けると、最後、捕手への飛球も2球目で成功させた。ナインから次々と感謝の言葉を受け、喜びが込み上げる。聖地でのノックが高校野球を締めくくる、最後の大仕事となった。

 選手として甲子園出場を目指し練習に打ち込んできたがイップスに悩まされ、昨年8月に本格的には同校初と言っていい男子主務に転向。「チームが日本一になるために、しんどいことをやろう」と決断した。

 マネジャー業に加えナインの居残り練習で打つため、約1時間半のノックの練習が日課となった。「どうしても甲子園という場所で打ちたかった」。ノッカーを務める予定だった今春選抜が中止となり一度諦めた夢が交流試合によってかなった。指名した中村隆監督は「一番、努力してきた子。何か花道を飾らせてやりたい思いもあった」と説明した。

 卒業後は就職し、野球から離れる。「3年間の全てをこのノックに出せました」。選手とはまた違う、完全燃焼だった。(桜井 克也)

 ◆菊池 直哉(きくち・なおや)2002年(平14)11月14日生まれ、岐阜県岐阜市出身の17歳。長良西小では「長良西タフネス」に所属。長良中では「岐阜中央ボーイズ」でプレーした。日本航空石川では外野手だったが2年夏から主務に転向。1メートル67、61キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース