大阪桐蔭・薮井主将 8回勝ち越し2点打「粘っていくしかないと思っていた」

[ 2020年8月17日 12:17 ]

2020年甲子園交流試合最終日第1試合   大阪桐蔭4―2東海大相模 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<高校野球交流試合 大阪桐蔭・東海大相模>8回1死二、三塁、大阪桐蔭・薮井は左前に勝ち越し2点適時打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」最終日は17日、甲子園球場で行われた。強豪同士が激突した第1試合は、大阪桐蔭(大阪)に終盤の逆転劇を見せ4―2で東海大相模(神奈川)に競り勝った。

 同点の8回1死二、三塁から途中出場の薮井駿之裕主将(3年)が9球粘った末に決勝の左前2点適時打を放った。試合後、薮井主将は「粘っていくしかないと思っていた。エースの藤江も粘りの投球でここまでつないでくれたので、最後は63人の力を全部、自分が1つにまとめて粘る強く打って行こうと思いました」と声を弾ませた。そして「昨年1年間、甲子園に出られなくて悔しい思いをしてきて、その悔しい思いを甲子園で晴らそうとずっと言ってきた。甲子園の舞台で高校野球を終われるってことはうれしいことだし、どうどうやったら勝てるやろってことを全員で話し合ってきていい結果につながったと思う。高校生活で1番いい試合だったと思う」とと話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース