鶴岡東“変則左腕”阿部、ご褒美聖地快投 横から上から堂々7回7K

[ 2020年8月17日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   鶴岡東5-3日本航空石川 ( 2020年8月16日    甲子園 )

<高校野球 日本航空石川・鶴岡東>変則投法で7回3失点と好投した鶴岡東・阿部(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 今夏公式戦で1試合しか登板がなかった鶴岡東の背番号18、変則左腕・阿部が大仕事だ。マウンド上で終始ポーカーフェースだったが、7回を3失点で勝利に導いた試合後に「腕を振ることだけ考えた。こんな大舞台で投げさせてもらえてうれしかった」と少しはにかんだ。 試合結果

 1年秋、佐藤俊監督の勧めで横手投げに転向したが、投手の層は厚く昨秋公式戦は登板なし。腐らず練習する姿を見ていた指揮官は「3年間、一番一生懸命練習に取り組んでいた。この舞台にふさわしい」と先発に抜てきした。動画などで研究し、磨いてきた変則フォーム。腕を小さく畳むテークバックは出どころが見づらく、さらに時折、上手投げも交ぜて幻惑した。「自分としてはずっとサイドで投げているつもりだけれど、打者は絞りづらいかも」。自らのボークや失策で2回までに3失点したが立ち直り、7奪三振。巧みなけん制球で走者をアウトにする場面もあった。

 慣れないヒーローインタビューに終始緊張しながらも「3年生全員で勝つことができて良かった」と仲間への思いやりも忘れない。今後は大学で野球を続ける予定。「自信になった。もっともっと上を目指して頑張りたい」。3年間の努力のご褒美は、最高の舞台。甲子園でかけがえのない宝物を手にし、高校野球を締めくくった。(松井 いつき)

 ◆阿部 駿介(あべ・しゅんすけ)2002年(平14)7月26日生まれ、山形県出身の18歳。小4から投手で野球を始め、鶴岡一中時代は酒田リトルシニアでプレー。鶴岡東では2年春からベンチ入り。50メートル走6秒5。遠投90メートル。1メートル77、72キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース