白樺学園、山梨学院1年リレーに苦戦 戸出監督脱帽「リズム作れなかった」

[ 2020年8月17日 18:55 ]

2020年甲子園交流試合最終日   白樺学園3―8山梨学院 ( 2020年8月17日    甲子園 )

<高校野球交流試合 白樺学園・山梨学院> 試合に敗れ、涙を流す白樺学園・片山(中央) (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」最終日は17日、甲子園球場で行われた。交流試合の大トリとなった第3試合は、白樺学園(北海道)が山梨学院(山梨)に3―8で敗れた。

 10安打を放ち再三チャンスを作ったが、山梨学院の1年生投手リレーの前に3得点と爆発力に欠けた。

 戸出監督は「なかなか試合の流れをつかめないまま、相手の投手に大事なところで抑えられて、リズムを作れなかった」と、相手投手に脱帽。それでも「最後まで一生懸命食らいついてくれていたので、良かったなと思います」と選手たちをねぎらった。

 今大会3号となるソロアーチ放つ活躍を見せた川波(3年)は「打った瞬間は感覚が良かったんですけど、途中で打球を見失って。審判の方が大きく手を振っていたので、入ったんだなと」と振り返った。3年生最後の試合。「バットも振れていましたし、守備は少しエラーもあったんですけど、よく頑張ったなと思います」と振り返っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース