【一瞬の夏】帯広農・千葉俊輔 悔しくて、うれしい―出番なき背番6の夏

[ 2020年8月17日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   帯広農4―1高崎健康福祉大高崎 ( 2020年8月16日    甲子園 )

<高崎健康福祉大高崎・帯広農>初回裏終了後、帯広農・管(右)の頭を冷やしてサポートする千葉俊(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 悔しい、そして物凄くうれしい。どちらも本音だった。ソーシャルディスタンスを保って歌った校歌。帯広農の背番号6、千葉俊輔(3年)は感謝を込めて歌っていた。

 「試合に出られなかったのは悔しいですけど、チームメートが頑張って、勝って終わってくれた。うれしいし、感謝しかない」

 昨秋は「1番・遊撃」で打率・440。投手としても3試合に投げ、今春センバツの21世紀枠選出に大きく貢献した。そのセンバツが中止になり、夏の甲子園も。「何のためにやってきたのか」と目標を見失った。長い自粛期間。仲間と「最後までやろう」と話し合い、全道制覇を新たな目標に掲げた。そこに交流試合で甲子園という舞台も加わった。

 ところが、千葉俊に悲運が襲う。練習再開間もない7月上旬に左膝を負傷。紅白戦での走塁で一塁手と交錯した。左膝骨挫傷。そのケガが治りかけた7月下旬に、バント練習中に右手薬指を骨折。独自大会には出られなかった。それでも、甲子園も背番号6でベンチ入り。シートノックでは遊撃の位置で外野から返球を受けるだけだったが「今まで感じたことのない雰囲気で、特別な場所だった」。

 まだ思うように投げられない。スイングも使えるのは左手だけの状態。最後まで出番はなかった。ただ、代わりに遊撃に入った佐伯柊ら2年生が活躍。それが何より「うれしかった」と笑った。

 悔しくて、うれしかった甲子園。千葉俊がこの“一瞬の夏”を忘れることはない。(秋村 誠人)

 ◆千葉 俊輔(ちば・しゅんすけ)2002年(平14)8月24日生まれ、北海道音更町出身の17歳。下音更小1年から少年野球チーム「下音更ガッツ」で野球を始め、下音更中まで一貫して「1番・遊撃手」だった。帯広農では1年秋から背番号6でベンチ入り。遠投90メートル、50メートル走6秒4。1メートル75、75キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース