鶴岡東・吉田、攻守で元気!3週間前に左肩脱臼も3安打&好返球

[ 2020年8月17日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   鶴岡東5-3日本航空石川 ( 2020年8月16日    甲子園 )

<日本航空石川・鶴岡東>3回2死満塁、鶴岡東・吉田は中前に2点適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 鶴岡東の背番号16で5番の吉田陸人(3年)が、強打と好返球で阿部を援護した。

 「チャンスで打ててうれしい。バックホームは今までで一番よかった」。3回に同点の中前2点打など3安打。左翼の守備でも6回に好返球で同点の本塁生還を阻止した。昨秋は背番号7で活躍も、代替大会の3週間前に左肩を脱臼。間に合うか微妙だったが、石川県から野球留学の吉田は故郷の日本航空石川を相手に躍動した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース