阪神・高橋 18日G戦先発へ チーム6カードぶりの初戦勝利へ「しっかり試合を作って」

[ 2020年8月17日 11:33 ]

<阪神投手指名練習>汗を飛ばしながらキャッチボールをする高橋(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 連日にわたって球児たちの熱戦が行われている中、阪神の投手指名練習が甲子園室内練習場で行われた。明日18日の先発が見込まれる高橋はキャッチボールや短距離ダッシュなどで最終調整を終えた。

 今季は左肩のコンディション不良で出遅れたが、初登板となった6日の巨人戦(甲子園)で自己最多の11奪三振を記録するなど7回3安打無失点の好投で勝利投手に。復帰開けを考慮されて一度登録を抹消され、中11日でカード頭を任された左腕は「しっかり(調整の)間を頂いたんで。(カード頭は)自分が意識することはそんなにないと思うので、しっかり試合を作って、少しでも勝てる確率を上げていけたら」と意気込んだ。敵地東京ドームでのリベンジを狙う相手を自らの快投で返り討ちにし、チーム6カードぶりのカード初戦勝利を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース