明石商・中森にスカウト陣高評価変わらず「プロで勝つための要素を兼ねそろえている」

[ 2020年8月17日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   明石商3―2桐生第一 ( 2020年8月16日    甲子園 )

<明石商・桐生第一>1点リードを守り切り、2失点完投した明石商・中森(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 明石商・中森の投球に視察したスカウト陣は一様に高評価を与えた。

 阪神・畑山俊二統括スカウトは「両コーナーへの直球の制球、変化球を低めに集める彼の持ち味が出ていた。プロで勝つための要素を兼ねそろえている印象」と絶賛し、中日・米村明アマスカウトチーフは「完成度が高い。直球は高校生で147、8キロ出れば十分」。投手としての総合力が評価対象となっている。

 オリックス・牧田勝吾編成部副部長は「走者のいるところで能力の高さが出る。球界の宝に育っていってほしい投手」といい、中京大中京・高橋とともに各球団は今後の動向を注視していく。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース