雄星 14日の先発登板回避は首の張り マリナーズ指揮官が説明「寝違えだった」

[ 2020年8月17日 02:30 ]

 首の張りのため14日の先発登板を回避したマリナーズの菊池について、スコット・サービス監督は「寝違えだった」と明かし、「少し良くなっている」と説明した。

 「ホテルが違い、枕も違って、寝違えは起こるもの。本人がどうこうではなく、コントロールできないこと」と話した。治療以外は軽いキャッチボールなどを行い、違和感がなくなり次第、今後の予定を決める。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース