“プロ注目”横浜・松本 好投も6点差守れず屈辱の準々決勝敗退

[ 2020年8月17日 05:30 ]

神奈川大会 準々決勝   横浜6-7三浦学苑 ( 2020年8月16日 )

<三浦学苑・横浜>逆転負けを喫し涙ながらに引き揚げる横浜・松本(中央)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 都道府県高野連が独自に開催する代替大会は16日、神奈川と千葉で計6試合が行われた。神奈川では、横浜が三浦学苑に6点差をひっくり返される屈辱の逆転負けを喫した。

 プロ注目の152キロ左腕・松本隆之介(3年)は5回4安打1失点。6回から152キロ右腕・木下幹也投手(3年)が救援も6回に5失点で追いつかれ、7回に失策が絡んで決勝点を許した。「松本の思いに応えられなかった。自分が全部崩してしまった」と号泣。村田浩明監督は「準々決勝以降は何が起こるか分からない。3年生は甲子園がなくなった中で後輩たちに何か残そうと必死だった。思いを忘れずにやっていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース