三浦学苑、横浜に大逆転勝ち!創部以来初の4強、上村が金星呼びこむ好救援

[ 2020年8月17日 05:30 ]

神奈川大会 準々決勝   三浦学苑7-6横浜 ( 2020年8月16日 )

<三浦学苑・横浜>三浦学苑・2番手の上村(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 都道府県高野連が独自に開催する代替大会は16日、神奈川と千葉で計6試合が行われた。神奈川では、三浦学苑が準々決勝で強豪・横浜に6点差を逆転勝ちし、初めて4強入りした。

 三浦学苑が横浜を相手に大金星。0―6の4回から救援した上村海斗(2年)の好投が流れを変えた。

 スライダーを低めに集めて6回を3安打無失点。一挙5点を奪って同点に追いついた6回には自ら左前2点打を放った。創部以来初のベスト4進出に導き「うれしいという言葉しか出てこない。3年生の方々と1日でも長くやりたいです」と笑顔で話した。次戦は22日に横浜スタジアムで準決勝。樫平剛監督は「相手がどこであれ、三浦学苑の野球をするだけです」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月17日のニュース