鈴木おさむ氏 木村拓哉らスターに共通する特長とは 「急に呼んだりするんですよ」

[ 2021年9月27日 15:30 ]

放送作家の鈴木おさむ氏
Photo By スポニチ

 放送作家の鈴木おさむ氏(49)が27日放送のニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月~木後1・00)に出演。スターに共通するという特長を挙げた。

 大相撲の横綱・白鵬(36)と親交の深い鈴木氏は「凄いのが、横綱って(会う時に)いろんな若手芸人、テレビに出てない人たちも連れて行くんですけど、名前を覚えるんですよ」と明かした。「一回会って、名前教えてって言って、言うと、本当に覚えるんですよ。これって結構できる人の、スターに共通な気がするんですよ」と強調した。

 さらに「スターの人って名前覚えたり、木村拓哉くんとかもそうですけど、人の名前覚えて下(の名前)で言ったりとか。結構覚えるんですよ。彼も。ADの子の名前とかも凄い覚えて、『下の名前何~?』とか言って、下の名前で急に呼んだりするんですよ」と証言。木村の“あざとテクニック”に、女性も大喜びだったのではと言われると、「さすがに今は時代ですけど、昔はそういうふうにしてましたね」とした。

 パーソナリティーの「ナイツ」塙宣之(43)が「長嶋(茂雄元巨人)監督、うちの兄貴(はなわ)に『サガワくん』って言ってた」と笑わせると、土屋伸之(42)は「ある意味覚えてくれてるんだ。そういうトピックで」とフォローしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月27日のニュース