夏菜 「プロゲーマーを目指します」

[ 2021年9月27日 08:30 ]

「夏菜のWAZAARI~日本esports応援宣言~」の収録に真剣な面持ちで臨む夏菜
Photo By 提供写真

 【牧 元一の孤人焦点】女優の夏菜(32)が今月からTOKYO MX「夏菜のWAZAARI~日本esports応援宣言~」(月曜深夜2・05)のMCを務めている。

 esportsの魅力を伝える番組で、芸能界屈指のゲーム好きとして知られる夏菜がMCに起用された。

 夏菜は「まさか自分がこういう形で、ゲームの番組に携われる日が来るなんて思ってもいませんでした。実際に形になった時はうれしかったし、頑張ろうと思いました。楽しんでやれる仕事というか、ほぼ趣味です。スタジオに来るのが楽しみだし、プレッシャーもありません。毎回、どれだけゲームの素晴らしさを伝えられるかを考えています」と意気込む。

 ゲームが好きなのは幼少の頃からで、周りの女の子たちが人形遊びなどに興じる中でも男の子たちに混ざって趣味を貫いてきた。

 「2、3歳の頃、父と『スーパーマリオ』をやったのがきっかけだったと思います。私は3人きょうだいで、弟が2人いるんですけど、同じ家の中で違うパソコンを使ってオンラインゲームをやっていました。小学校の時も、男の子たちと『スマブラ』とか、やってたんです」

 今年1月に結婚し、9月14日に第1子妊娠を発表したが、最近も、YouTubeでゲーム実況を配信するための専用ルームを設けるほどの没頭ぶりだ。

 「ゲームは生活の一部、自分の一部です。オンラインゲームに関して言えば、友だち、仲間たちと話すことができて、そこで愚痴を言うわけでもないけど、ストレスを発散できます。どうでもいい会話、ちょっとした動作で、おなかを抱えるくらい笑ったりします。こんなに笑えるのは、オンラインゲームしかありません。私はあまりオン、オフがない人間なので、家にいても、どこにいても、変わらないんです」

 この番組では、夏菜ら芸能人ゲーマーが競技会に参戦。初回放送では、強い意気込みも空しく、あっさり敗退する場面が映し出された。

 「正直、なめていました。プロゲーマーも仲間にいるし、どうにかなるかと思っていたんですけど、本当にレベルが高かった。私もある程度はうまい自信はあるんです。練習時間は、1日10時間は余裕で超えています。徹夜になる時もあるし、起きてすぐに触り始める時もあります。1日でも練習を欠かすと、目が追いつかなくなったり、感度が変わったりするんです。プロゲーマーは本当に大変なんだと、常々、思っています」

 この番組には夏菜がプロゲーマーの実態に迫るコーナーもある。

 「本当はプロゲーマーを目指したいです。今まで『女優でプロゲーマー』なんて肩書の人はいないでしょう?YouTubeを見ていると、80歳くらいのおばあちゃんがゲームをやってたりもします。私もその年齢くらいまで頑張りたい。でも、妊婦でプロゲーマーを目指して大丈夫ですかね…?」

 今は多様性の時代。ぜひ、女優としてママさんプロゲーマーの道を切り開いてほしい。

 ◆牧 元一(まき・もとかず) 編集局デジタル編集部専門委員。芸能取材歴30年以上。現在は主にテレビやラジオを担当。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月27日のニュース