藤井聡太3冠、第71期王将リーグ初戦白星発進 糸谷哲郎八段を82手で破る

[ 2021年9月27日 17:32 ]

<第71期ALSOK杯王将戦挑戦者決定リーグ戦>糸谷哲郎八段(左)とともに対局を振り返りながら、感想戦を行う藤井聡太三冠(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 将棋の第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグは27日、大阪府大阪市の関西将棋会館で1局を行い、藤井聡太3冠(19=叡王、王位、棋聖)が82手で糸谷哲郎八段(32)を破りリーグ初戦を白星で飾った。 棋譜 糸谷哲郎八段VS藤井聡太三冠

 藤井は3期連続のリーグ入りで、過去2期は第69期が4勝2敗、第70期は3勝3敗。糸谷は第65期から連続5期在籍し、4勝2敗を3度重ねたがいずれも挑戦権を獲得することはできなかった。

 「王将リーグ」は、前期挑戦者の永瀬拓矢王座、前期リーグ残留者の豊島将之竜王、羽生善治九段、広瀬章人八段、2次予選通過者の藤井、糸谷、近藤誠也七段の7棋士による総当たり戦。次戦は30日に▲豊島将之竜王―糸谷八段戦が予定されている。11月24日の最終一斉対局を終えた時点での成績最上位者が、来年1月開幕予定の7番勝負で渡辺明王将(37)=名人、棋王含め3冠=に挑む。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月27日のニュース