眞鍋かをり マスク、ワクチン…コロナ禍で感じるママ友間での感覚のズレ「嫌な世の中だなと」

[ 2021年9月27日 10:55 ]

眞鍋かをり
Photo By スポニチ

 タレントの眞鍋かをり(41)が26日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。コロナ禍で感じるママ友間の感覚のズレについて語る場面があった。

 政府は19都道府県に発令している新型コロナウイルス緊急事態宣言について、期限とする30日での全面解除する方向で調整に。全国的な感染状況の改善を踏まえた対応で、8県に適用中のまん延防止等重点措置も全て終了する方向。

 来月6歳となる娘を持つ1児のママである眞鍋は「コロナ自体が恐怖というよりも、人の感覚が違うことでギスギスする。嫌な世の中だなと思って。同じ保育園、幼稚園とかでもご家庭によってだいぶ(意識の)差がすごいんですよ」とコメント。「すごく厳格にしているおうちは二重マスクで、公園で遊んでいても、お茶を飲むときは離れて1人で飲みなさいってところまでやっているご家庭もあれば、子どもだから飲んじゃう時もあるよね!って(家もある)。結構温度差がすごくて、そこでワクチンの考え方も絡んできちゃって、そこでルールは保育園とかであるけど、なんとなく」と続けた。

 さらに「直接言われたりはしないですけど、すごく厳しいご家庭の皆さんがいるところで、うちの子どもが『今度、どこどこ行くんだよね!』みたいな話をすると、『今、ここでしないで』みたいになる時はあります。感覚は難しいなと思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月27日のニュース