藤井3冠 王将リーグ初戦始まる 糸谷八段戦は角換わり 昼食休憩前に糸谷が1時間6分の大長考

[ 2021年9月27日 12:22 ]

王将戦の挑戦者決定リーグで糸谷哲郎八段と対局した藤井聡太3冠(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 将棋の第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグは27日、大阪市の関西将棋会館で藤井聡太3冠(19=王位、叡王、棋聖)が糸谷哲郎八段(32)と対局した。午前10時、糸谷の先手で始まり、戦型は角換わりへ進んだ。 棋譜速報

 角交換後、お互いに陣形整備を進め、藤井の32手目[後]6二金の金上がりを見た糸谷が考慮に沈んだ。持ち時間4時間、加えて早見え早指しの糸谷らしからぬ1時間6分の大長考。そのまま33手目を指すことなく正午、昼食休憩に入った。メニューは藤井がやまがそばの親子丼(冷うどん)、糸谷がレストランイレブンのチンジャオロースと玉子スープ。
 共にリーグ初戦。藤井は3期連続のリーグ入りで、過去2期は第69期が4勝2敗、第70期は3勝3敗。糸谷は第65期から連続5期在籍し、4勝2敗を3度重ねたがいずれも挑戦権を獲得することはできなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年9月27日のニュース