日テレ後藤晴菜アナ「本当に幸せな、充実した」7年半 「Going!」卒業で涙 インスタでは感謝つづる

[ 2021年9月27日 07:32 ]

日本テレビ・後藤晴菜アナウンサー
Photo By スポニチ

 日本テレビの後藤晴菜アナウンサー(31)が7年半担当してきた週末スポーツ・ニュース番組「Going!Sports&News」(土、日曜後11・55)を26日深夜の放送をもって卒業した。

 後藤アナは2014年3月から土曜版を担当。今年4月から土曜版・日曜版で女性アシスタントを務めてきた(2017年4月から同7月までも土日担当)。番組のアシスタントとしてはこれまでで最長となる。

 番組エンディングで涙ぐんだ後藤アナは「私は『Going!』を担当することに憧れて日本テレビに入社したので、7年半、本当に幸せな、充実したスポーツキャスター生活だったなと思っています。番組を通じてお世話になった方、本当にありがとうございました」と頭を下げた。一番の思い出は「オリンピックの取材に行かせてもらったことが何よりの財産になりました」と笑顔を見せた。

 2018年7月から日曜版を担当していた山本紘之アナウンサー(33)も同日、番組を卒業した。

 放送終了、後藤アナは27日に自身のインスタグラムを更新。花束を持った自身の写真とともに「この週末でGoing!を卒業しました。7年半、数えきれないほど多くのスポーツ現場にお邪魔させていただきました」とあらためて番組卒業を報告。「取材を通じてスポーツが生むさまざまな感情に触れ、経験を積むごとに学びが増えて心が満ちていくような実感がありました これまでお世話になった全ての皆様に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました」と感謝をつづった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年9月27日のニュース