次期朝ドラ「カムカムエヴリバディ」 主題歌はAI「アルデバラン」 作詞作曲は森山直太朗

[ 2021年9月27日 12:14 ]

「カムカムエヴリバディ」の主題歌「アルデバラン」を歌うAI (C)NHK(撮影・内田将二)
Photo By 提供写真

 NHKは27日、11月1日にスタートするNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)の主題歌がAI (39)の「アルデバラン」に決まったと発表した。

 AIは「今回初のNHK連続テレビ小説ってこともあって気合いが入りすぎて、最初はどういう曲にすればいいのか迷いに迷い、やっと出会えた1曲です」とコメント。「『アルデバラン』この曲の作詞作曲は森山直太朗さんです。“笑って笑って”という歌詞がありますがいつもの自分が言う“笑って”じゃなく、今回は一緒に乗り越えていこうっていうメッセージを込めて歌いました」と説明し、「ドラマの主人公の人生と一緒にそして今この時代、いろんなことが起きてるこの時代に頑張ってる人に伝えたい1曲です。どうか届きますように」とメッセージを寄せた。

 初代ヒロイン・安子役の上白石萌音(23)は「この曲の美しい調べは、聴く時々で幸せいっぱいにもどこかさみしげにも聴こえます。物語の中のどんな出来事にもこの曲が寄り添ってくれるということが、本当にうれしく 心強いです」とした。

 2代目ヒロイン・るい役の深津絵里(48)は「心を揺さぶられ、奪われ、満たされました。―笑って笑って愛しい人―この言葉が大好きです」とコメント。3代目ヒロイン・ひなた役の川栄李奈(26)は「すべてを包みこんでくれるような優しい歌声とすてきな歌詞に心打たれました。この歌と共に視聴者のみなさんの心を動かせるよう、より一層頑張ろうと思います」としている。

 同作は女優の上白石萌音、深津絵里、川栄李奈がヒロインを務める朝ドラ通算105作目。2007年後期「ちりとてちん」を手掛けた藤本有紀氏によるオリジナル脚本。ラジオ英語講座と100年にわたる3世代のヒロインを描く。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年9月27日のニュース