「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 世帯視聴率21・4%

[ 2021年9月27日 09:01 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 大ヒットアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が25日、フジテレビ系の「土曜プレミアム」(後9・00)でテレビ初放送され、平均世帯視聴率は21・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。瞬間最高は(午後11時07、08分)の22・9%だった。

 同映画は家族を鬼に殺され、唯一生き残った妹も鬼に変えられてしまった少年・竈門炭治郎が、妹を人間に戻すため鬼殺隊に入隊して壮絶な戦いを繰り広げるというストーリー。昨年10月16日に公開され、国内興行収入は400億円を超えて歴代最高を記録するなど大ヒットし、社会現象となった。海外でも99年「ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」以来となる米興行ランキング1位を獲得している。

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の放送前には、主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)たちの物語の始まりから鬼殺隊として挑んできた任務をまとめた「竈門炭治郎 立志編特別編集版」を全五夜に分けて放送。最高視聴率は23日に放送された第五夜「柱合会議・蝶屋敷編」(後7・00~9・20)の15・0%で、全ての回で2桁視聴率をマークするなど期待が高まっていた。

 放送後に告知として、アニメ第2期「遊郭編」は同局で12月5日から放送すると発表。時間は日曜午後11時15分から30分間。初回は1時間スペシャルで放送される。主人公・竈門炭治郎たちと対峙する上弦の陸・堕姫の声優は、沢城みゆきが担当することも決定。また、歌手のAimer(30)が主題歌を担当し、オープニングが「残響散歌」、エンディングが「朝が来る」ということも発表された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月27日のニュース