【補強ポイント別オススメ選手】強打の外野手 アーチスト 慶大・正木

[ 2021年10月11日 05:30 ]

慶大・正木
Photo By スポニチ

 今春リーグ戦で4発、全日本大学選手権で2発を放った右のスラッガーが、慶大・正木だ。スイングスピードが速く、逆方向にも長打を打てるのが強み。同じく大学選手権で2本塁打の上武大・ブライトは、伸びしろ十分。4年春からレギュラーとなっただけに、経験を積んでいけばさらなる成長が見込める右打者だ。

 走攻守でスケールの大きい神奈川大・梶原、長打力が売りの駒大・鵜飼も有力候補。将来性では昌平・吉野、今春センバツで右方向に大飛球を飛ばした三島南・前田も負けていない。パワーが魅力の智弁学園・前川、大阪桐蔭・池田、ミートがうまく外野の間を抜く打球を広角に打つ国学院大・川村も、チャンスを待つ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月11日のニュース