ドジャースがタイ勝!20勝左腕ウリアスが先制打&5回1失点と投打に活躍

[ 2021年10月11日 02:30 ]

ナ・リーグ地区シリーズ   ドジャース9ー2ジャイアンツ ( 2021年10月9日    サンフランシスコ )

<ジャイアンツ・ドジャース>5回1失点と好投したウリアス(AP)
Photo By AP

 大リーグのプレーオフは9日(日本時間10日)、ナ・リーグの地区シリーズ(5回戦制)第2戦が行われた。昨季ワールドシリーズ覇者のドジャースは、左腕フリオ・ウリアス投手(25)の投打にわたる活躍でジャイアンツに9―2で快勝。1勝1敗とした。ブレーブスはブルワーズに3―0で勝ち、同じく勝敗をタイとした。

 ウリアスが投打に躍動した。2回2死一、二塁で先制の右前適時打を放ち、投げては5回3安打1失点で勝利投手となった。昨季までの自己最多が16年の5勝だったメキシコ出身の25歳左腕は、今季両リーグ唯一の20勝と大ブレーク。同僚シャーザーとともにサイ・ヤング賞候補だ。打撃にも定評があり「(8番の)ポラックが敬遠で歩かされ、アドレナリンが出た」と胸を張った。

 打線も11安打9得点と本領発揮。11日(日本時間12日)から舞台は本拠地ロサンゼルスに移る。デーブ・ロバーツ監督は「ホームのアドバンテージがあり、次戦はシャーザーが投げる。いい状況」と自信を漂わせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月11日のニュース