楽天・マー君 7回2失点で力投も5勝目逃す 打線の援護に恵まれず7月13日を最後に白星なし

[ 2021年10月11日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2ー3西武 ( 2021年10月10日    メットライフD )

<西・楽>4回1死二、三塁、栗山の内野ゴロを止めようと足を出す田中将(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天・田中将は7回7安打2失点と力投したが、5勝目を挙げられなかった。2点リードの4回に1点を失い、7回にも3安打を浴びて同点に。先頭打者を出した回に失点しており「苦しい投球になった」と振り返る。

 ハイクオリティースタート(7回以上で自責点2以下)は今季10度目だが、打線の援護に恵まれず7月13日を最後に白星がない。チームは2―2の9回に3番手・西口が踏ん張れずサヨナラ負け。田中将は「自分が投げるゲームでチームが負けたことは残念。できることをやっていくだけ」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月11日のニュース