【ドラフト】12球団1位と外れ1位全予想!各球団の補強ポイントも紹介

[ 2021年10月11日 16:00 ]

ノースアジア大明桜の風間球打投手(左)と西日本工大の隅田知一郎投手
Photo By スポニチ

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は11日、午後5時から都内のホテルで開かれる。目玉として急浮上したのが西日本工大の左腕・隅田知一郎(ちひろ)投手(22)。西武が事前に1位指名を公表。ヤクルト、阪神、巨人などが1位候補に挙げ、最大6球団による争奪戦となる。現時点で公表していない球団を含め、会議直前まで戦略が練られるが、12球団の1位指名と外れ1位候補をスポニチ取材班が直前取材をもとに予想。各球団の補強ポイントをまとめた。

<セ・リーグ>
【ヤクルト】1位指名・隅田知一郎投手(22歳=西日本工大)
      外れ1位・森翔平投手(23歳=三菱重工West)
 ≪ヤクルト 左腕不足の状態 次世代の正捕手候補も≫12球団ワーストだった防御率が大幅に改善も、投手陣の底上げを図る。先発、リリーフともに左腕不足の状態。即戦力、高校生を含めて外れ1位も投手を狙う。次世代の正捕手候補も補強ポイントだ。<クジ=高津臣吾監督>

【阪神】1位指名・隅田知一郎投手(22歳=西日本工大)
    外れ1位・黒原拓未投手(21歳=関学大)
 ≪阪神 即戦力左腕の補強、将来の大砲候補も注目≫即戦力左腕の補強が急務だ。今季終盤は1年目の伊藤将と、4年目の高橋が先発ローテでフル回転。安定した救援陣は岩崎、及川のみで左腕不足は明らか。また、将来の大砲候補となる野手も指名したい。<クジ=矢野燿大監督>

【巨人】1位指名・隅田知一郎投手(22歳=西日本工大)
    外れ1位・広畑敦也投手(23歳=三菱自動車倉敷オーシャンズ)
 ≪巨人 投手を1、2位指名へ 「発掘と育成」は2年目≫投手を1、2位で指名する方針。シーズン最終盤は先発5枚で回していて、整備が必須な状況にある。「発掘と育成の2年目」と位置づけ、支配下選手で最大6人、育成で大量10人ほど指名する見通し。<クジ=今村司球団社長>

【広島】1位指名・隅田知一郎投手(22歳=西日本工大)
    外れ1位・山田龍聖投手(21歳=JR東日本)
 ≪広島 投手戦力アップ狙う、次代の右の長距離砲も≫今季は投手層の薄さが露呈した。即戦力、高卒問わず複数指名で戦力アップを図りたいところ。また、最優先の課題は右の長距離砲。鈴木誠の後釜として期待できるような器の大きな打者が理想的だ。<クジ=佐々岡真司監督>

【中日】1位指名・小園健太投手(18歳=市和歌山)
    外れ1位・ブライト健太外野手(22歳=上武大)
 ≪中日 高校生投手に注目、即戦力の長距離砲もほしい≫好素材が多い高校生投手の指名に踏み切る可能性が高そうだ。近年は打線が低迷し、今季は総得点が12球団ワーストと打撃陣の強化も急務。即戦力の長距離砲獲得が最優先課題だが慎重に見極める。<クジ=与田剛監督>

【DeNA】1位指名・山下輝投手(22歳=法大)
    外れ1位・達孝太投手(17歳=天理)
 ≪DeNA 投手陣の強化は必須 俊足野手も必要≫12球団ワーストの防御率を改善するため投手陣の強化は必須となる。上位で特に先発の即戦力候補を確保したい。機動力面も課題とあり、俊足に特化した野手の指名も必要。高校生は下位指名が濃厚だ。<クジ=三浦大輔監督>

<パ・リーグ>
【オリックス】1位指名・森木大智投手(18歳=高知)
       外れ1位・ブライト健太外野手(22歳=上武大)
 ≪オリックス 好素材獲得へ高校生投手が狙いどころ≫投手陣の底上げが重要事項。救援整備も急務だが、山本と宮城に続く好素材の獲得へ、将来性豊かな高校生投手が狙いどころか。吉田正、遅咲きの杉本の代わりも不在で、将来の4番候補も補強ポイント。<クジ=中嶋聡監督>

【ロッテ】1位指名・小園健太投手(18歳=市和歌山)
     外れ1位・黒原拓未投手(21歳=関学大)
 ≪ロッテ 即戦力左腕が補強ポイント 次世代捕手獲得も≫今季先発ローテーションを守った左腕は小島だけ。中継ぎ左腕も不足しているだけに、補強ポイントは即戦力の左腕となっている。また、ポスト中村奨となる二塁手、次世代の捕手の獲得も必要だ。<クジ=井口資仁監督>

【楽天】1位指名・隅田知一郎投手(22歳=西日本工大)
    外れ1位・ブライト健太外野手(22歳=上武大)
 ≪楽天 未来のエース候補獲得が不可欠 右の長距離砲も≫投手の選手層に厚みを出すことに重点を置く中、未来のエース候補をぜひとも獲得したい。先発陣はベテランが多く、次世代を担う先発は不可欠。野手では右打ちの長距離打者が最大の補強ポイント。<クジ=石井一久GM兼監督>

【ソフトバンク】1位指名・風間球打投手(18歳=ノースアジア大明桜)※公表
        外れ1位・森翔平投手(23歳=三菱重工West)
 ≪ソフトバンク 投手は素材型の高校生、野手はセンターライン補強≫風間球打(ノースアジア大明桜)を1位指名すると王貞治球団会長が明言。奥川(ヤクルト)、佐々木朗(ロッテ)のような素材型の高校生投手が中心となりそう。また、野手はセンターラインの補強を狙う。<クジ=永井智浩編成育成本部長>

【西武】1位指名・隅田知一郎投手(22歳=西日本工大)※公表
    外れ1位・森翔平投手(23歳=三菱重工West)
 ≪西武 先発ローテ入る即戦力投手の獲得が必須≫来季の巻き返しへ先発ローテーションを任せられる即戦力投手の獲得が必須。1位指名を公表した隅田(西日本工大)以外にも上位は投手の獲得を狙いたい。次世代を担う若手捕手も補強ポイントの一つとなっている。<クジ=未定>

【日本ハム】1位指名・風間球打投手(18歳=ノースアジア大明桜)
      外れ1位・木村大成投手(18歳=北海)
 ≪日本ハム 将来性ある投手を上位指名、大砲候補の獲得も必須≫上位指名では将来性のある投手を狙う。また、主砲・中田が移籍した穴を埋められず、チーム本塁打数はリーグワーストで唯一の2桁台とあり、大砲候補の獲得も必須だ。二遊間の強化にも着手したい。<クジ=栗山英樹監督>

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月11日のニュース