×

阪神ドラ1は大学No・1左腕!西日本工大・隅田有力 競合覚悟も佐藤輝引き当てた矢野監督の右手に託す

[ 2021年10月11日 05:30 ]

西日本工大の隅田知一郎投手
Photo By スポニチ

 「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は、11日午後5時から都内のホテルで開かれる。阪神は1位指名の有力候補に西日本工大・隅田知一郎(ちひろ)投手(22)を挙げていることが分かった。矢野燿大監督(52)らが参加した10日の会議では最終決定を持ち越し、右投手では市和歌山・小園健太投手(18)を最上位候補とした。即戦力左腕か、将来性の高校生右腕か――。直前まで情報戦を繰り広げ、競合も覚悟のうえで1位入札を決める方針だ。

 狙いは絞られた投手を1位指名する方針は決定済み。有力候補に西日本工大・隅田をリストアップしていることが判明した。前日会議を終えた矢野監督は具体名の公表は避けつつ、意中の一人として高評価していることを明かした。

 「高校生の3人も素晴らしいし、大学生の左投手たちも素晴らしい」

 開幕から先発陣の一角を担った左腕は伊藤将のみ。終盤に復帰して好投を続ける高橋も入団からの4年間で年間を通した活躍がない。岩田稔も今季限りでの引退を決めるなど左投手の駒不足は明らかで、即戦力左腕の補強が急務。「どこも左投手は欲しいところだと思う」と認めた。

 指揮官自ら候補選手を動画などで確認。上位候補の中でも別格と位置づけていたのが隅田だ。最速150キロの速球を武器に変化球も多彩。チェンジアップ、スライダーを軸にカーブ、カットボール、ツーシーム、スプリットなども操れる先発型の人材だ。

 矢野監督の“眼力”は折り紙付きだ。昨秋ドラフトでは楽天に入団して既に9勝を挙げる早川(早大)を高評価。1位指名を佐藤輝と早川に絞り込み、最終的には佐藤輝を指名に至った経緯がある。同じように高評価していた伊藤将の2位指名に成功し、8勝を挙げる活躍を見せている。

 畑山統括スカウトは「監督はYouTubeで映像を見たり、リストアップした選手の情報も伝えていた」と説明し、「競合うんぬん関係なしに一番ほしい選手を指名したい。入札で」と競合覚悟の方針を強調した。

 今年はドラフト会議を翌日に控えても1位指名の公表はソフトバンクと西武の2球団だけ。近年では16年の3球団を下回る混迷の様相だ。No・1左腕の呼び声が高い隅田には最低でも4球団以上の入団が予想され、他球団の動向次第では当然ながら競合回避も視野に入れる。

 同じ左腕ではJR東日本・山田龍聖、創価大・鈴木勇斗、法大・山下輝、右腕では最上位候補の市和歌山・小園健太にシフトチェンジする可能性も十分ある。昨年は4球団競合で佐藤輝を引き当てた矢野監督の右手に今年も猛虎の未来を託した。(山本 浩之)

 ◇隅田 知一郎(すみだ・ちひろ)1999年(平11)8月20日生まれ、長崎県出身の22歳。小2から「大村クラブ」で野球を始め、西大村中では軟式野球部に所属。波佐見では3年夏に甲子園に出場し、初戦敗退。西日本工大では1年春にリーグ戦デビュー。1メートル76、76キロ。左投げ左打ち。

 《最終候補70人》畑山統括スカウトは約1時間30分の会議で最終候補を約70人に絞ったことを明かした。「(候補)選手が少ない中で各球団の色というか欲しい選手、欲しいポジションを優先するドラフトになると想像できる」。投手を中心に指名を進める方針は確認済みで、他球団の動向を見ながら投手4人、野手2人程度の指名を想定。育成ドラフトでの指名も予定している。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月11日のニュース