立大が首位キープ 法大・山下輝を打ち崩した 4番・東「気持ちで打てた」先制ソロ

[ 2021年10月11日 05:30 ]

東京六大学野球 第4週第2日   立大4-1法大 ( 2021年10月10日    神宮 )

<立大・法大>4回無死 先制の本塁打を放ち両手を叩き生還する立大・東(撮影・久冨木 修)      
Photo By スポニチ

 立大は法大・山下輝を打ち崩し、5勝1敗で首位をキープした。4回に先制の右越えソロを放った東は「最初は入ると思わなかったけど、気持ちで打てた」と4番の仕事に満足げ。

 4戦ぶりのスタメンで6回の勝ち越し右犠飛を含む3打点と気を吐いた太田主将は「いつも以上に緊張したのがいい結果になった」と胸を張った。

 9季ぶりのリーグ制覇に向け、溝口智成監督は「いい位置で後半戦に入れる」と手応えをにじませた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月11日のニュース