2021年ドラフト 主な指名漏れ選手 早大の捕手・岩本、関東第一・市川ら無念

[ 2021年10月11日 20:17 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

早大・岩本
Photo By スポニチ

 プロ野球ドラフト会議が11日に都内で行われ、本指名と育成指名が終了。計128人が指名された。一方で無念の指名漏れとなった選手も数多くいた。

 投手では今夏甲子園でスーパーリリーフを見せてブレークした日大山形の滝口琉偉が指名漏れ。ほか、指名有力と見られていた関東第一の152キロ右腕・市川祐、大学生では明大の竹田祐、法大の古屋敷匠真、亜大の松本健吾、青森大の長谷川稜佑、中央学院大の古田島成龍、山崎凪両投手の名前が呼ばれなかった。

 野手では、早大の岩本久重捕手、関大の久保田拓真捕手が指名されなかった。

 社会人ではTDK鈴木大貴投手、SUBARU山本龍之介投手、日本製鉄かずさマジック山本晃希投手、Honda鈴鹿の八木玲於投手が名前を呼ばれなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月11日のニュース