阪神、創価大の最速152キロ左腕・鈴木勇斗を2位指名 「創カーショー」の異名持つドクターK

[ 2021年10月11日 18:07 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

創価大・鈴木
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議は11日に東京都内で開催され、阪神が2位で創価大の鈴木勇斗投手を指名。交渉権を獲得した。

 大リーグ・ドジャースのクレイトン・カーショー投手を投球フォームのお手本にして「創カーショー」の異名を持つ最速152キロ左腕。東京新大学春季リーグ戦の杏林大との開幕戦で1安打13奪三振で完封。しかし、部員の新型コロナウイルス感染により、途中で辞退。春はほぼアピールできていない状況だった。

 それでも秋季リーグ開幕戦で東京国際大を相手に4安打1失点の完投勝利。試合前から雨が降る悪条件のマウンドで「セーブして慎重に投げ分けた」と言いながらも、自己最速まで4キロに迫る148キロを計測。決め球のスライダーを軸にカーブ、カットボールを織り交ぜて3連続を含む11三振の奪三振ショーを披露し、10球団が視察する中で実力を示していた。

 ◇鈴木 勇斗(すずき・ゆうと)2000年3月17日生まれ、鹿児島県出身の21歳。小4で野球を始める。日吉中では硬式の串木野黒潮でプレー。鹿屋中央では甲子園経験なし。創価大では2年秋からベンチ入り。50メートル6秒5。遠投100メートル。1メートル74、83キロ。左投げ、左打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月11日のニュース