巨人 3回に7連打で一挙7点追加 岡本3ランに続いて中島も3ラン ロッテ美馬から10点奪ってKO

[ 2021年6月12日 15:28 ]

交流戦   巨人―ロッテ ( 2021年6月12日    ZOZOマリン )

<ロ・巨>3回無死一、三塁、中島は3ランを放ち、三塁を回ってガッツポーズ (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人が3回に岡本和、中島と2本の3ランなどで一挙7点を入れ、序盤で2桁得点をマークした。

 巨人は初回、岡本和が左中間スタンドへ18号3ランを放って先制すると、3―2で迎えた3回には亀井がこの回3連打目となる中前適時打を放って4―2とまずはリードを広げた。

 すると、ここで続く岡本和が前夜の最終打席から3打席連発となる19号3ラン。さらに右手親指骨折から前日復帰したばかりの坂本が2試合連続安打となる左前打でつなぐと、スモークも20打席ぶりとなる安打を右前へ。ここで中島が7連打目となる左越え4号3ランを放ってロッテ先発右腕・美馬をKOした。

 ▼巨人・中島 打ったのはシュートだと思います。チャンスだったのでランナーを還すことだけ考えていました。ホームランになりましたね!(笑)嬉しいです!

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月12日のニュース