巨人ヒヤリ…戸郷が安田の打球を右膝付近に受ける 手当て受け、小走りでマウンドに戻る姿にG党拍手

[ 2021年6月12日 15:48 ]

交流戦   巨人―ロッテ ( 2021年6月12日    ZOZOマリン )

<ロ・巨>4回2死、安田の打球を受け、痛そうな表情を見せる戸郷(右)(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の戸郷翔征投手(21)がロッテ戦(ZOZOマリン)に先発登板。4回に安田の打球を右膝付近に受け、ヒヤリとさせる瞬間があった。

 味方打線が岡本和18号、岡本和19号、中島4号と3本の3ランなどで3回までに10点を奪い、大量リードに守られた戸郷。10―2で迎えた4回、2死を取った後で打席に迎えた安田が1ストライクからバットを振った打球は強烈なピッチャー返しとなり、ワンバウンドしてから戸郷の右膝付近に当たった。

 即座にベンチから出て来た桑田投手チーフコーチ補佐、トレーナーに付き添われてベンチ裏に消えた戸郷。だが、間もなく小走りで元気にマウンドに戻ると、スタンドからは拍手が上がり、加藤を二ゴロに抑えてこの回を無失点で切り抜けた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月12日のニュース