巨人・岡本和が初回に先制3ラン! 宮城のノーノー打ち砕いてから4戦3発、2戦連発18号!

[ 2021年6月12日 14:15 ]

交流戦   巨人―ロッテ ( 2021年6月12日    ZOZOマリン )

<ロ・巨2>初回1死一、三塁、先制3点本塁打を放つ岡本和(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の主砲・岡本和真内野手(24)がロッテ戦(ZOZOマリン)の初回に2戦連発となる18号3ラン。チームに大きな3点先制をもたらし、リーグトップの村上(ヤクルト)に1本差とした。

 「4番・三塁」で先発出場。0―0で迎えた初回、1死一、三塁で入った第1打席で、ロッテ先発右腕・美馬が2ボール2ストライクから投じた5球目の外角低めスライダーを左中間スタンドへ叩き込んだ。

 岡本和は前日のロッテ戦で8回に大嶺からバックスクリーンへ2ランしており、これで2戦連発。9日のオリックス戦(京セラD)では相手先発の19歳左腕・宮城に無安打13三振に抑えられていた7回2死から7試合ぶりとなる16号ソロを放って宮城のノーヒットノーランを打ち砕いており、これで4戦3発となった。宮城からの一発が岡本和にとって23打席ぶりの安打だったが、打撃不振から一気に乗って来た。

 ▼巨人・岡本 打ったのはスライダーです。なんとかランナーを還そうと思って打ちました。その結果がホームランになりましたね。打てて良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月12日のニュース