ロッテ3番手・大嶺 まさかの4失点で勝率5割に逆戻り、4位転落

[ 2021年6月12日 05:30 ]

交流戦   ロッテ1―5巨人 ( 2021年6月11日    ZOZOマリン )

<ロ・巨>8回、4失点に肩を落とす大嶺(右)=撮影・長久保 豊
Photo By スポニチ

 同点の8回に3番手で登板した大嶺が4点を失い、ロッテは勝率5割に逆戻り。4位転落となった。本来ならセットアッパーの唐川が登板する場面だったが井口監督は「唐川のコンディションがちょっと悪くて投げられなかった」と説明。残り2試合となった交流戦も登板を回避する見通しだ。

 打線はレアードの左前適時打による初回の1得点だけ。指揮官は「うまく低めを打たされた」と左腕・メルセデスの投球に脱帽した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月12日のニュース