楽天・涌井 6回痛恨失投で逆転2ラン被弾 交流戦歴代最多タイ26勝目ならず

[ 2021年6月12日 05:30 ]

交流戦   楽天2―3阪神 ( 2021年6月11日    楽天生命 )

<楽・神>6回1死三塁、マルテに2ランを浴びる涌井(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天は痛恨の逆転負けで、一夜にして交流戦首位から4位まで陥落した。先発・涌井は7回6安打3失点と試合をつくったが、1点リードの6回1死三塁で、マルテに決勝の逆転2ランを被弾した。初球の甘いスライダーをスタンドまで運ばれ、悔やまれる失投だった。

 4敗目を喫し、交流戦歴代最多に並ぶ26勝目を挙げることはできず。石井監督は「キャリアがある投手なので低めに投げきってほしかった」と厳しく指摘した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月12日のニュース