杜の都に「4番弾」 阪神・大山がマー君からチーム初安打となる先制8号2ラン

[ 2021年6月12日 15:14 ]

交流戦   楽天ー阪神 ( 2021年6月12日    楽天生命パーク )

<楽・神(2)> 4回2死一塁、阪神・大山は田中将から先制2ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・大山が田中将から先制の8号2ランを放った。

 4回2死一塁で打席に立ち、外角の145キロ直球を右翼席に運んだ。4日ソフトバンク戦以来のホームランで2点を先制。チーム初安打が、貴重な先制弾となった。

 「マルテが粘って出塁してくれたので、何とかしたいという気持ちでしたが、ホームランという最高となってよかったです。もっと援護できるように頑張ります」

 頼もしい4番の一発で、阪神が8年ぶりとなる楽天・田中との対決で主導権を握った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月12日のニュース