広島ドラフト3位・大道 プロ初先発で圧巻の5回無安打零封!オリ・由伸と互角の投げ合い「できすぎかな」

[ 2021年6月12日 05:30 ]

交流戦   広島0ー4オリックス ( 2021年6月11日    京セラD )

<オ・広>オリックス相手に好投を見せた広島先発の大道(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島のドラフト3位・大道温貴投手(22)がプロ初先発で圧巻の投球を披露した。11日のオリックス戦で5回を堂々の無安打零封。同学年で侍ジャパン内定のオリックス・山本とほぼ互角に渡り合った。打線は8回先頭で鈴木誠が中前打を放つまで完全に封じられ、終盤の継投も暗転。7度目の零敗で、今季最悪を更新する借金10に膨らんだ。

 あれよあれよの快投だった。プロ初先発のルーキー・大道がオリックス相手に5回を堂々の無安打零封。敗戦の中で確かな輝きを放ち、仕事を全うした充実感をにじませた。

 「5イニングを投げ切れると思っていなかったので、自分の中ではできすぎかな…と」

 初回の先頭・福田にいきなり四球。1死から吉田正も四球で歩かせた。緊張、力み…ベンチをハラハラさせても「大学時代から初回はいつもあんな感じ」と意に介さない。T―岡田を二飛、安達を二ゴロに斬ると、2回からはリズムに乗った。

 「僕らの世代を一番引っ張っている選手。高卒1年目から148キロのツーシームとかを投げていたので、次元が違う、すごいなと思っていました」

 同学年で、浅からぬ縁のあるオリックス・山本との投げ合い。八戸学院大でバッテリーを組んでいた山本陽盛捕手は、都城高出身。相手右腕の女房役でもあり「ずっと注目していた投手。投げ合えて勉強になった」。投手戦を演じることで少なからず収穫を得た。

 開幕からブルペンの一翼を担い、過去17試合では2回37球が最長最多。それがどうだ。「高校大学でも先発の時は長袖。雰囲気から入りたい」としてアンダーシャツを普段の半袖から長袖に変え、5回を3者三振で締めて84球を投げ切った。

 「無安打ではあったけど、ここまで最長が2回で球数も投げていないので、5回まで投げてくれれば上出来というか十分」。ローテーションの谷間で好投した大道を佐々岡監督は絶賛。次回については「明日また考えます。ナイスピッチングだったからね」とし、先発継続を示唆した。

 初先発に際し、大瀬良から「中継ぎの時と投球スタイルは変えなくていい」という助言を得て、結果につなげた22歳。胸中には手応えが芽生える。

 「中継ぎでやってきた1イニング1イニングを大事に投げる成果が表れたと思うので、次からも先を見ずに1イニングずつ投げていきたいと思います」

 侍ジャパンの中核を成す山本とほぼ互角に渡り合った圧巻投球。新たな可能性を示した右腕に期待が膨らむ。(江尾 卓也)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月12日のニュース