藤川球児氏 交流戦前にオリックスVを予想 的中にネットが反響「鳥肌立つくらいすごい」

[ 2021年6月12日 19:26 ]

藤川球児氏
Photo By スポニチ

 現役時代「火の玉」と呼ばれた直球を武器に、日米通算245セーブを挙げた元阪神の藤川球児氏(40)の交流戦優勝予想が的中したことが12日、大きな反響を呼んだ。

 藤川氏は自身のYouTubeチャンネル「藤川球児の真向勝負」で交流戦開幕前の5月22日に配信した動画で「ハナマルはオリックス、二重丸で阪神」と予想。オリックスを大本命とする理由を「キーは若さ」とし、5月下旬時点で「(若い)先発投手がものすごく仕事をし始めた。若くて成績が出るチームは強い」と説明していた。その上で「オリックスの時代がいよいよ来るんじゃないか、と思います。たぶん当たると思いますよ」と自信たっぷりに話していた。

 この日、オリックスが広島を3―2で下し、同日に中日、楽天、DeNAが相次いで敗れたため、11年ぶりの交流戦優勝が決定。これを受け、SNS上では「予想は完璧だった」「交流戦前にオリックスを優勝候補に挙げるなんてすごすぎる」「慧眼、恐れ入りました…!」「鳥肌立つくらいすごい」と絶賛する声が相次いだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月12日のニュース