両雄が夢対決を振り返る 「ちょっと詰まってましたけど」の佐藤輝に対し、田中将「甘いボールでなかった」

[ 2021年6月12日 18:30 ]

交流戦   阪神9ー1楽天 ( 2021年6月12日    楽天生命パーク )

<楽・神(2)>インタビューを終えファンに手を振る阪神・佐藤輝 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 阪神・佐藤輝は試合後、6回に放った田中将からの一発を「日本を代表するピッチャーですし、しっかりその中で自分の力強いスイングをしてどれだけできるのかなと思っていて。今日はうまくいきましたけど」と振り返った。膝元に落ちるスライダーを捉え、「ちょっと詰まってましたけど、しっかり当たったんで入ったかなと思いました」と分析。“モノノフ対決”を制したことには「ゲームの中に入れば真剣勝負なんで、頭になかったですけど、そういう注目が集まる中でしっかり打てたというのは良かった」とうなずいた。

 また、被弾した田中将は試合後、「特に投げミスとかではなくて、強いて言えばワンバンになるぐらいの低さでいきたかったですけど、そんな甘いボールではなかったと思うんで、うまく打たれました」と口に。3打席対戦した虎のスラッガーについての印象は「持った印象というのはもちろんありますけど、それを言うことによって相手側にも伝わるので、言わないでおきます」と話すにとどめた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月12日のニュース