阪神・伊藤将 楽天・田中将と互角に渡り合う7回1失点 1カ月ぶりとなる4勝目の権利手に降板

[ 2021年6月12日 16:46 ]

交流戦   楽天ー阪神 ( 2021年6月12日    楽天生命パーク )

<楽・神(2)>好投した阪神・伊藤将 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 先発した阪神のドラフト2位・伊藤将は7回4安打1失点と好投した。

 初回から2死一、二塁のピンチを背負うも、岡島を遊ゴロに仕留めてスタート。2点リードの4回に、島内に登板5試合連続被弾となるバックスクリーンへのソロ本塁打を浴びたものの、5回から7回はいずれも3者凡退とテンポのいい投球で試合を作った。

 5月8日DeNA戦以来となる4勝目の権利を持って、救援陣に後を託した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月12日のニュース