中日・岡野は4回6失点 立ち上がりに受けた猛攻に「しっかり修正したい」

[ 2021年6月12日 16:09 ]

交流戦   西武-中日 ( 2021年6月12日    メットライフD )

<西・中2>中日先発・岡野(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 今季初登板初先発となった中日・岡野は4回を投げ自己ワーストの6失点だった。

 立ち上がり、先頭・岸を味方の失策で出塁させると、そこからリズムを乱し打者10人から5安打の猛攻を受け6点を失った。

 2回以降は立ち直りを見せ2安打に封じたものの大量リードが重くのしかかり4回で降板。「初回の入りが大量失点という形になってしまったので、しっかり修正していきたいです」と唇をかみしめた。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月12日のニュース